高山病から見を守る|自然を楽しむ人に最適な旅館探し|旅行で心を洗ってみよう
レディ

自然を楽しむ人に最適な旅館探し|旅行で心を洗ってみよう

高山病から見を守る

シニアの女性達

登山をする上で気を付けておくこと

富士山ツアーに参加する人の中には、身体に無理して登山したことが原因で高山病になってしまう人がいます。初めての富士山と言って必ず登頂しようと無理して登っていると、高山病にかかってしまい下山が苦しくなってしまうということになりかねません。そこで、高山病にならないためにやっておくことがあります。その一つとしてあるのが、五合目でゆっくり過ごすということです。標高が高くなると空気が薄くなるため、一気に登らず五合目で散歩をしたり運動をしたりして身体を慣らしておきましょう。これをするかしないかで高山病が現れにくくなります。やっておきたい二つ目が、水分をこまめに取るということです。標高の高い場所に行くと酸素が少なくなり血行が悪くなりドロドロになっていきます。水分をこまめに摂ることで血液の流れを保つことができるため、めまいや頭痛、吐き気などの症状を抑えることにも繋がります。三つ目となるのが、深呼吸です。酸素が少なくなるため軽い深呼吸をし身体に酸素を入れることが大切です。四つ目がエネルギーを摂るということです。空腹は身体の動きを鈍くしてしまうため、定期的にエネルギー補給しておくことが大切です。しかし、標高が高いことで消化不良になってしまうこともあるため消化の良いものを口にすると良いでしょう。

ガイドに従う

富士山ツアーに参加した際、無理して登ったことで高山病になってしまう人がいます。この場合は同行しているガイドに相談しましょう。すぐに休むよう指示されますが、休んでも症状が良くならない場合は下山する可能性もあります。下山すると症状が軽くなるため、無理をせずガイドの指示に従い行動しましょう。